今日の最先端のオートメーション技術 の適切な組み合わせは、完全な相互接続や統合をすることで、製造システムにかつてないほどの適応力をもたらします。

メカトロニクス製品輸送 - アダプティブバックボーン

トラックベースの平面搬送システムはダイナミックな製造工程を通して、各製品の個々の動きの連続的な制御を可能にします。複数のシャトルを同期し、かつ間隔を変えながら、あらゆる形状の製品を搬送します。電磁式ダイバータは、フルスピードで生産フローを分岐および合流します。モジュラー式セグメントはレイアウトの可能性を無限に広げ、拡張や再構成を容易にします。

ロボティクスとマシンビジョン - 手と目の連動

マシンビジョン では、照明と画像取り込みの完全な同期により、 通過する製品の形や向きを検出します。さらに、ロボットの動きやシャトルの間隔を調整することで、高速で移動しつつ高精度な加工やハンドリングを行うことが可能です。

シミュレーションとデジタルツイン - すべてのはじまり

アダプティブマニュファクチャリングはシミュレーションに基づく設計からはじまります。ハードウェアに投資することなく、事前にシステムの動作確認、実証テスト、可能性の可視化などを行うことができます。同シミュレーションは、後に性能の評価を行うための概念実証(PoC)としても機能します。デジタルツインは、マシンの寿命が尽きるまで、オフラインでプロセスを改良および検証、そして実装することを可能にします。

Please choose country and language

B&R Logo